相続手続きを無視・放置するとどうなってしまう?

突然親族が亡くなった時には、葬儀・法要などに追われますが、相続手続きも進めなくてはいけません。葬儀場・銀行・市役所・病院などとやり取りをしながら相続手続きを進めるのは、多くの方にとって簡単なことではないでしょう。

このような相続手続きを無視・放置してしまうと、どうなるのでしょうか?この記事では、「相続手続きを何もしないままにした時に、どのような問題が発生するのか」を解説していきます。
続きを読む

相続欠格の5つの事由をわかりやすく解説!

相続欠格では、相続の資格がある人間からその資格を略奪します。相続欠格が行われると、相続・遺贈の両方を受けることができなくなり、法定相続人や被相続人から遺言書で指名された相続人でも相続権を失ってしまうのです。

今回の記事では、相続欠格の5つの事由や注意点について解説していきます。
続きを読む

親から相続した家を売却する際にかかる税金について

親が亡くなった時に親の所有していた家を相続したけれど、利用予定がないので売却を考えるというパターンは増えています。

核家族が進んだ今では、親と子供が別々の家を保有して違った土地に暮らしている状態が多く、親の家を相続しても活用・管理できないというのが、その大きな理由でしょう。

しかし、相続した家を売却するには税金がかかります。本記事では、親から相続した家を売却する際の税金について解説していきます。相続後の家の売却を検討しているのなら、ぜひ参考にしてください。
続きを読む

相続と遺贈(いぞう)の違いとは?言葉の違いを分かりやすく解説!

遺贈(いぞう)は相続と似たものだと認識されることが多いですが、実際には相続とは全く違った意味を持っている言葉です。

本記事では、「相続と遺贈の違い」について分かりやすく説明します。それぞれの「メリット・デメリット」も合わせて紹介するので、遺贈について知りたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。
続きを読む

相続時精算課税制度のメリット・デメリットとは?

社会的に高齢化が進んでいる今、生前に贈与として遺産を次世代に引き継ぎたいと考える方が増えています。そんな中、生前贈与を行う時のネックとなる贈与税対策として、相続時精算課税制度が生まれました。

本記事では、相続時精算課税制度についての基本的な情報とともに、制度のメリットとデメリットを分かりやすく解説していきます。
続きを読む

遺産を独り占めされるケースとは?対処法は存在する?

被相続人が多額の財産を残して亡くなった時には、相続人の間で財産を奪い合うような「相続争い」が起こる可能性があります。

また、遺産を特定の相続人が独り占めしてしまうケースも少なくありません。特に被相続人と相続人が同居していた場合は、いつの間にか財産が使い込まれてしまう問題も起こりやすいでしょう。

今回は、遺産の独り占めが起こるケースや、その対処法について紹介していきます。自分が相続人であるなら、他の相続人による遺産の独り占めを防ぎ、正当な法定相続分の遺産が手に入るようにしてください。
続きを読む

遺言書の保管方法(保管場所)について解説!

遺言書があると相続人が相続をスムーズに進めやすくなるだけでなく、相続を原因とした親族間の揉め事を防ぐ効果も得られるため、財産の量や種類が多い方は予め遺言書を残しておくと良いでしょう。

しかし、被相続人の存命中に遺言書の存在や内容が相続人に見つかってしまうと、大きな問題に発展する恐れがあります。

遺言書の適切な保管方法を知って、自分が亡くなった後に遺言書が相続人の手に渡るようにしましょう。今回は、遺言書の保管方法(保管場所)について解説していきます。
続きを読む

株の相続方法とは?注意点や節税についても解説!

相続する財産の中に株式が含まれていると、相続の手続きが複雑になります。特に株には上場株式・非上場株式があり、株式の種類ごとに用意するべき書類が変わってくるのです。

この記事では株を相続する方法と、その際の注意点や節税について紹介していきます。これから株の相続が発生するという方は、ぜひ参考にしてください。
続きを読む

相続放棄の理由とは?相続放棄申述書についても紹介!

相続放棄の申し出に必要な相続放棄申述書には「相続放棄の理由」を記載しなくてはいけません。相続放棄の理由がどのようなものであれ、この欄をどう記載するべきか迷ってしまう方が多いようです。

相続放棄の理由によって、相続放棄が認められなくなってしまう恐れもあるのです。

この記事では相続放棄申述書にある相続放棄の理由についてまとめました。記載するべきではない相続放棄の理由についても説明しますので、相続放棄を考えているのなら、ぜひ参考にしてください。
続きを読む

相続放棄と遺品整理の関係について

相続放棄をすると、相続人は被相続人が残した負債はもちろん資産も相続することができません。

つまり、被相続人が多くの借金を抱えていた場合には、相続放棄によって借金の支払い義務を背負わなくて良くなるということです。
しかし、相続放棄を検討している・相続放棄をした後の遺品整理では十分注意しなくてはいけないポイントがあります。

「相続放棄をしてもしなくてはいけない事柄」「相続放棄をしたらしてはいけない事柄」を理解し、「相続放棄と遺品整理の関係」を知っておきましょう。相続放棄と遺品整理の関係を理解されたい方はぜひご覧ください。
続きを読む